今日はゾウ明日はライオンってな具合に
オンラインゲーム「ミックスマスター」に関するブログです。 絵を描いてみたり、麗夜さんを褒めたりしたいと思います。
201310<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201312
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月9日(土)の攻城戦
マジリタ枠
MixMaster_838.jpg

メクリタ枠
MixMaster_837.jpg




交戦勢力

参加ギルド推定人数課金者推定
城主側ギルドANTHEM62
存在の証明10
合計62
攻め側ギルド鳳蝶63
蒼天の虎10
BVONO11
なまもの10
合計94

総計156





マジリタ城:ANTHEM→防衛
メクリタ城:ぱそこん→ANTHEM(4分】



浅田真央のNHK杯優勝の日に行われた今週の攻城戦。

この書き出し久しぶりですね。

気まぐれで久々に記事を書いてみます。



今週の注目はANTHEMが先週の日曜に不動の城主であった存在の証明からナートル城を奪い、勢いに乗って4冠を目指すべく今週も課金者を動員しての参戦。

対するはそれを阻止すべく同じく課金者を動員して参戦してきた鳳蝶とその他ギルド。


Carnage崩壊後久しくガチな戦いが行われてこなかった土曜の攻城戦において久しぶりに激闘が行われることとなります。



開始からメクリタ城を奪いに来ると想定していた鳳蝶はマジリタ城を攻撃。

BVONOの援護もあって儀式が続くものの、メクリタ城の展開が余裕だったこともあってかマジリタ城へ戻ってきたANTHEMの課金者によって鳳蝶の儀式は潰されます。

それとは対照的に防衛する力も気力もなかったぱそこんはメクリタ城を放棄していたため、4分にあっさりとANTHEMがメクリタ城を奪います。


4冠となった状況でここから城主側攻め側の激しい攻防が始まります。


序盤からマジリタ城を攻撃し続けていた鳳蝶でしたが、ANTHEMの2人の課金者の猛攻により何度も制圧される場面があり、なかなか儀式を成功させる糸口が見つかりません。

このままANTHEMの圧勝で終わるかと思われ始めた中盤戦。

ここから鳳蝶が2人課金者を追加し、ANTHEMに襲いかかります。


祭壇内部を制圧することが多くなってきた攻め側は儀式を連発。

城主側を苦しめることとなります。

ですが攻め側の猛攻をANTHEMは毒スキルや課金者二人のショックスタンの連携により退け続け、儀式を成功させません。



終盤に入ってからはメクリタ城をターゲットにした攻め側はその後も何度も儀式を狙い続けます。

ですがここも城主側のスキルの連携と操作の上手さや、攻め側の連携の失敗などが重なりついには成功することはできませんでした。


結局城主側その後動くことはなく、ANTHEMの念願が叶い、紅葉の扉史上3ギルド目の4冠達成となりました。



MixMaster_839.jpg



というわけで今週は4冠を巡る熱い攻防が繰り広げられた攻城戦となりました。

普通なら簡単に奪えていたと思われた最近の攻城戦ですが、阻止に動いたギルドの攻勢を受けた形となり、ANTHEMにとっては決して簡単ではない価値のある4冠になったのではないかと思われます。

この4冠体制が今後も継続していくのか、それとも一時的なもので終わるのか、隆盛の激しい最近の攻城戦においては予想もつかない状況となっております。




追記に攻城戦後の一言
>>続きを読む
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。