今日はゾウ明日はライオンってな具合に
オンラインゲーム「ミックスマスター」に関するブログです。 絵を描いてみたり、麗夜さんを褒めたりしたいと思います。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しぇなっちさんの魅力6
再び回が開きましたが、このシリーズはまだまだネタが残っているため終わりません!

今回はしぇなっちさんのその膨大な量の音楽の知識について考察していきたいと思います。


音楽に関しては、彼女のブログではご存知の通り、今までに非常に多くの曲が紹介され、ブログ記事にも実に上手く取り入れられています。

有名で誰もが聴く曲もあれば、そんな曲知ってるのかよ!というような彼女のイメージからかけ離れた曲が出てきたりと、記事本文だけでなく出てくる曲のネタでも楽しませてくれる内容となっています。

出てくる曲は古い曲から新しい曲まで様々ですが、なぜそんなに多くの曲の引き出しがあるのでしょうか?


普通の人は好きなアーティストを見つけると、それだけを固定して聴いたり、流行の曲だけをかいつまんで聴いたりするぐらいで終わるため、知っている曲は自然と限定されるものです。

これは歌好きを自称していてもなかなか幅広く聴くことはできないものです。

ではなぜ多くの人は幅広く様々なジャンルの曲を聴くことができないのでしょうか?

それはやはり気に入った曲だけ聴くのが、その人にとって心地良く、耳になれているため抵抗がないからなのです。

新しい曲を聴くのは未知との遭遇であり、耳に慣れるまでは時間が掛かったり、最終的にその曲が自分に合わなくて時間を無駄にするというリスクもあるため、なかなか新しい曲を聴こうという気にならないのです。


そのため幅広く音楽を聴いているしぇなっちさんは、そういうリスクを恐れずに、燃え上がる探求心により、多くの曲と出逢い、多くの愛すべき曲を知ることができたわけですね。

偏見というフィルターを取り外すと今まで見えなかった世界が広がり、実に広い世界を体験する錯覚に陥ることがあります。

そういう感動を一つでも多く味わうためには、まず今までしていなかったことをしてみるという第一歩の踏み出しが大切なんでしょうね。


今回の記事ではしぇなっちさんのその膨大な音楽の知識の裏側にはこういった努力があるのだと痛感させられました。

次回もその努力に焦点を当てた記事を執筆していきたいと思います。

>>続きを読む
スポンサーサイト
しぇなっちさんの魅力5
期間が開きましたが、再びしぇなっちさんの魅力について考察していきます。


しぇなっちさんはパラフィリアではSキャラ(本人曰く黒幕キャラ)で通っていますが、そのキャラは日々の会話から生じたものでしょう。

一見女王様みたいに見れるそのキャラクターはどうやって形成されたのでしょう?

今回はそれに迫ってみたいと思います。


一般に女王様キャラというのは、権力を持っている、又は周りから絶大な支持を得ていることから生じるものです。

ノリで女王様キャラというものを演じても、大抵は一時的なものとして終わり、長続きしないものです。

では、どうしてしぇなっちさんの場合はこんなに継続し、定着してしまっているのでしょう?

それはパラフィリアというギルドの土壌があるというのもそうですが、当然しぇなっちさん自身の人柄がこれに影響を与えているのだと思われます。

こういうキャラは嫌みがあれば支持を急速に失い、逆に悪影響を与えてしまうのですが、しぇなっちさんの場合は嫌みが全くないために、ギルメンはむしろ好んでそのキャラクターに乗っかかることができるのですね。

ではどうして嫌みがないSキャラというものを演じられるのでしょうか?

それは以前述べたとおり、知識量が膨大であるため、会話をコントロールする力があり、嫌みにならないようにコントロールしているのです。

そのため、彼女のそのキャラはその類い希なる巧みな話術を下地にして成り立っているというわけなんですね。


回が開きましたが、まだまだ多くの魅力に溢れるしぇなっちさん。

次回も普段何気なく見過ごしがちな面に迫っていきたいと思います。

でも次は予告通りセクロスさんです。
>>続きを読む
しぇなっちさんの魅力4
それでは今回もしぇなっちさんのその溢れんばかりの魅力に迫っていきたいと思います。

しぇなっちさんはセクロスさんがコメントにもありましたが、イベントなどに積極的に参加し、それに対する熱意は他の方に比べて非常に高いです。

私は運営が実施するイベントはプレイ当初から参加率は低く、チャットや露天を楽しんでいました。

ミックスマスターのイベントは開始当初は数も少なく、すぐに終わってしまうものであったために、それも普通だったのですが、その後ワールドクエストやイベントも増え、そのイベントが面倒なものが多くなってきたために、次第にプレイする人は限られてくるようになった気がします。

私もせっかくゲームにログインしているのだからイベントをやれば良いのですが、如何せん魅力を見いだせることができないものが多いため、ほとんど参加していないのが現状です。

私とは対照的にしぇなっちさんや麗夜さんは開催されるイベントは積極的にプレイしています。

中でもしぇなっちさんのイベントへの熱意は周りが賞賛するほどです。


と前置きが長くなりましたが、今回はしぇなっちさんのそのイベントに対して取り組む熱意について迫っていきたいと思います。


しぇなっちさんはイベントに関しては、公式なものや、ギルド、個人単位まで参加するからには、必ず全力でやる心意気で臨まれています。

必ずやり遂げるという固い意志は、イモン1万匹チャレンジに表れているとおり、しぇなっちさんという人間を表すものとなっています。


物事を最初から最後までやり通すというのは、その物事に対して没頭することができるということです。

何か一つのことについて没頭することができるということは、集中力の高まりに繋がり、様々な分野で有効に利用できます。

よく人間の集中力の限界は15分だとか言われています。

しかし15分を過ぎるとみんな集中力が切れてしまうのかと言われると、決してそういうわけではありません。

1時間以上集中できる方もいますし、すぐ飽きてしまうという方もおり、それぞれ個人差があります。

ではなぜこの集中力に差がでてしまうのでしょうか?

その答えの一つとしては一つのことに没頭するということであると考えられます。


普段私たちは作業をするときは、ついこれをしてあれをしてと考えがちだったりします。

マルチタスクというものは作業効率を落とすことの方が多いため、一つに集中して一つ一つこなす方が結局効率が良かったりします。

そのため一つのことに集中できるというのは、高い集中力を発揮することとなり、その結果良い成果を生み出すことができるわけです。

視野を広くするのは見聞を広めるのにも有効ですが、あえて狭めることで周りの環境に左右されずに作業をこなすことができるために、麗夜さんやしぇなっちさんみたいに賢い人はそれを上手く使いこなしてるように思えます。


しぇなっちさんはそういったことを常日頃から理解しているために、多くのイベントや自身の目標に対して、高い集中力を発揮してやり遂げることができるというわけです。

普段は何気なくプレイしてるように見えますが、そういったことを無意識のレベルにまで落とし込んでいるしぇなっちさんは非常に優秀であるといわざるを得ません。

そのため多くのプレーヤーから尊敬される存在となり得たのですね。


知れば知るほど深いしぇなっちさん。

次回もまだまだあるその魅力を徹底解析していきたいと思います。
>>続きを読む
しぇなっちさんの魅力3
前回はその記憶力の凄さについてフレましたが、今回はその記憶力の副産物ともいえる知識量の豊富さについて見ていきたいと思います。


しぇなっちさんは記憶力の凄さから、自然と知識が蓄積され、知識量も豊富になっています。

そのためしぇなっちさんはその知識を様々な場面で活用できています。

まず、その膨大な知識により様々な会話を理解することができ、その会話に参加することができます。

それによって会話を重ね、コミュニケーションを取りやすくなり、自然と交友関係が広くなっていくのです。

また、何を聞かれてもスムーズに答えを教えることができるために、次第に人から頼られる存在となることができます。

この点は麗夜さんが実践されてるので、人間関係を円滑にするのに両者とも非常に有効に利用されていますね。


知識はたくさんあっても使えないと意味はありません。


勉強においてもインプットだけしても真の理解にはなりません。

アウトプットができてこそ真の理解を得られるのです。


その時や場所、様々な場面においてしぇなっちさんはその有する膨大な知識を上手く利用てきているのは何気ないことに見えるかもしれませんが、実に賞賛されるべきポイントですね。


3回目にも関わらず、まだまだその魅力に満ち溢れているしぇなっちさん。

次回も普段の活動では何気なくスルーしがちなポイントについて迫っていきたいと思います。
>>続きを読む
しぇなっちさんの魅力2
前回はしぇなっちさんのプレイスタイルについて述べましたが、今回からはその能力について考察していきたいと思います。


しぇなっちさんといえば、思い浮かべるのはまず自他共に認める抜群の記憶力が皆さん思い当たると思います。

NPCの名前やマップの位置など、その正確な記憶力を見せつけられると記憶の容量の制限というものはこの人には無いのだなと驚かされると思います。

どうしてそんなに覚えられるのかという理由は、記憶術をやったことのある人なら分かると思うのですが、これは単に名前を単体で覚えるのではなく、マップ全体や何があったかというイメージをセットで関連付けることで覚えているのだと思います。

つまりしぇなっちさんはイメージする力もあるため、一つ思い出すとそこから芋づる式にストーリーを呼び起こすように思い出せるため、膨大な記憶を可能としているのです。

そんな能力が備わっているのは実に羨ましいですね。


また、記憶力が良いというのは、同時に豊富な知識量を有することができたりと、様々な恩恵をもたらせますが、この「記憶する」という行為自体が、しぇなっちさんが人の心を掴んで放さない理由のうちの答えの一つなのです。

「記憶する」ということが人間関係において最大限に発揮するのは、他人の何気ない一言や、エピソードまで記憶していることを相手に伝えることで、その相手に「自分はあなたのことをちゃんと見ている」というメッセージを伝えることにあります。

これが非常に強力に人の心を掴みます。

人という生き物は、社会的な動物であるために、人との触れ合いを無意識に求めます。

そのため、目の前の相手に自分という存在を伝えようと無意識のうちにしているのです。

それを認めてもらうことで自分という存在を再認識することで、満足感が得られ、日々の活力へとなるのです。

その人間の本質をしぇなっちさんはさり気なく満たしているのです。

そのためしぇなっちさんと会話をしたことがある人は、会話をする度にその魅力の虜となるのですね。


2回目にして早くもその凄さが際立ってきたしぇなっちさん。

次回も皆さんご存じではあるとは思いますが、普段は気にならないものの改めて見るとその凄さを再認識できる魅力に迫っていきたいと思います。
>>続きを読む
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。